どこカレの ”バーチャルカレッジ” とは

インターネットを利用して看護の学習ができるプログラムです。
本ホームページ上に掲載された動画等の教材を用い、いつでもどこでも、繰り返し自分のペースで学習ができます。


学生の皆様

  • 遠隔授業実施に伴い、授業の資料等を下記のフォルダ(コースカテゴリ)の中に入れています。
    科目が見当たらない場合は、下の方にある[コースを検索する]から、受講する科目名で検索し、内容を確認してください。
    フォルダの中に、自己登録(学生)という表示がでてきましたら、「私を登録する」をクリックしてください。
    クリックするとフォルダの内容が確認できます。
  • 学生掲示板を作成しました。自分の学年の掲示板を受講登録して下さい。基本的に平日は毎日確認してください。
  • 他学年の科目を履修している場合は、該当学年の掲示板を確認してください。
  • 登録したフォルダはトップページ中段の「マイコース」の中にも登録されます。
  • 分からないことがありましたら、永吉先生(nagayosi[アットマーク]niigata-cn.ac.jp)までお願いします。




学外者の皆様(どこカレメイト登録希望者の皆様)

  • メイト(登録会員)になると 「どこかれ公開講座トップ」の全科目を受講できます。
    • 看護師/准看護師の免許をお持ちであればどなたでも登録できます。
    • 登録・受講ともに無料です(インターネット通信費用は自己負担)。
  • ゲストとしてログインすると、一部の科目(人型マークがついた科目)をお試しで受講できます。

 受講方法
 このページ下方にある ” コースカテゴリ " から受講したい科目選び
 動画等を閲覧します。⇒ 詳しくは
こちら(簡易版:バーチャルカレッジ゙閲覧手順)

 メイト登録手続き
 新潟県立看護大学看護研究交流センターHPをご参照いただくか、下記まで
 お問い合わせください。



  受講に関する様々な支援を行っています。気軽にご相談ください。

<お問い合わせ先> 新潟県立看護大学看護研究交流センター

住 所 : 新潟県上越市新南町240番地
電 話 : 025-526-2822 (FAX兼)
E-mail : nirin@niigata-cn.ac.jp    HP : http://www.nirin.jp/

サイトニュース

画像 大倉 由貴
【NEW】新着教材UPのおしらせ
2019年 03月 6日(水曜日) 16:21 - 大倉 由貴 の投稿
 

皆様こんにちは
かねてからお知らせしておりました,
公開講座「感染対策の基本~適切な実践のために~」をアップロードしました.
ぜひご利用ください.

動画閲覧ができない場合は,お問い合わせください.




コース一覧

1年生掲示板です。

2年生の掲示板です。

3年生掲示板です。

4年生掲示板です。

大学院1年生掲示板です。

大学院2年生掲示板です。

大学院博士後期課程の掲示板です。

ふれあい実習第4班ー6班(徐淑子担当)

授業動画のURL等についてはメールで配信しています。

基礎ゼミ1の次のテーマはゼミのインスタグラム上で発表します。

9月18日の教員待機は、9月21日(月・祝)の3時限の時間帯に予定変更いたします。また、9月22日(火・祝)の3時限を追加いたします。入室リンクはメール送信します。

保健統計演習2012 特別授業(ゲスト)で入江慎治先生にきていだきました.

【到達目標】 「情報とは何か」を知り,その「活かし方」と「守り方」を理解する。
【授業概要】 「情報」と「コミュニケーション」の専門職である看護師にとって,ICTは必要不可欠なものである.
  「情報」と「コミュニケーション」を,いかに「看護」の実践や学問としての「看護学」にいかすのかを学ぶ.
   なお,授業後半は統計処理の土台となる知識・操作を習得し,3年次科目『保健統計演習』へとつなげる.

【到達目標】 情報処理の具体的操作を中心に統合的な利用方法等を学び,コンピュータを使用する際のストレスを少なくする.

【授業概要】 コンピュータの利用は様々な場面で必要不可欠なものになっている.そこで,大学生活において良いレポート・卒論を作成するための基礎概念をもとに具体的な操作を中心に学習する.


形態機能学IではZOOMを使用した遠隔講義を行います。

10月7日(水)開始  1・2限  2021年1月20日終了  60時間 2単位   シラバス参照

【到達目標】

1. 妊婦・産婦・褥婦・新生児の正常経過に伴う身体・心理・社会的変化について理解できる

2. 妊婦・産婦・褥婦・新生児のアセスメントおよび看護について理解できる

3. 妊婦・産婦・褥婦・新生児におこる問題について理解し、健康状態のアセスメントと看護について理解できる

4. 遺伝および不妊の問題について理解し、不妊治療の看護について考えることができる

【授業概要】 

妊婦・産婦・褥婦・新生児の身体的・心理的・社会的特徴および起こりやすい健康問題を理解したうえで、対象者が正常に経過するための看護について理解できるように構成した。

母性看護学実習について

実習開始2週間前から健康チェック表を記載してオリエンテーション当日持参してください。


追加持参物

上越総合病院で実習される皆さんは、学内オリエンテーション時には、印鑑を持参してください。また、実習には学生証が必要です。学生証を提示して院内に入所していただきます。

赤ちゃんを支えている時間が長い沐浴では,男性の力が頼りになります.普段はできない体のチェックをお父さんもできるだけでなく,素早く短時間でできるのもアドバンテージです.男女で行う共同作業で,お互いの交流を深めましょう.
教材作成 母性・助産学教授 中島通子先生

助産師課程 必修科目 15時間 1単位

10月1日から 10月23日 8回開講

【到達目標】

1.周産期医療をシステムとして理解する

2.周産期医療システムの中における助産師の役割と助産実践活動について理解する

10月22日(木)3・4限の稲葉先生の講義はZOOMを予定しています。

【授業概要】

助産師として助産管理の基本、病産院および助産所の助産業務管理について学び、自立・自律して働く助産師の業務に必要な基礎的知識を修得する。

老年看護学Ⅰ 2年生前期 必修科目のコースです

【到達目標】

1. 老年期を生きることの意味と価値について,多角的にとらえることができる.

2.老年期の発達課題を理解する.

3.高齢社会の人口学的概況を理解し,高齢社会の抱える諸課題とその対応について把握する.

4.高齢者ならびに高齢社会に貢献する老年看護の役割を考える.

【授業概要】

老年看護学は,老年看護学Ⅰ,老年看護学Ⅱ,老年看護学演習,老年看護学実習の4科目で構成されている.老年看護学Ⅰでは高齢者と高齢社会に対する理解を,老年看護学Ⅱでは高齢者特有の健康課題とそれを解決するための方法を学ぶ.老年看護学演習では課題把握から解決に至る老年看護の展開方法と基本的な技術を学び,老年看護学実習においてその一連のプロセスを、体験を通して深化させる.

老年看護学Ⅰでは,以下の高齢社会における課題について検討し,老年看護の役割について考える.講義のほか教材活用,体験学習などを通して,老年看護学を学ぶ皆さん自身の高齢者に対するイメージをより豊かにし,高齢者ならびに高齢社会に対する理解がいっそう深まるよう期待する.

3年生の皆さん,こんにちは.老年看護学演習については,4月に第1回・2回の授業後,休校になったこともあり,中途半端な状態でどうするんだろうと思っていたことと思います.すでに課題に取り組みはじめている方もいるかと思いますが,休止してしまった人も改めて取り組めるようにしていますので,ご安心ください.スケジュール,また課題の提出など大きく変更しました.各回の課題提出についての説明をよく見て取り組んでください.

変更点は大きく2つです.

1つ目は技術演習の方は実際に演習することができません.なので,皆さんにも練習を積んでもらう予定でしたが,実際に行う演習は入れていません.

2つ目は5月からグループワークを取り入れていく予定でしたが,個人ワークで進めていただきたいと思います.オンラインでもできないことはないのですが,皆さんの通信環境などが様々な状況もあることもあり,個人で進めることを主体としたいと思います.しかしながら,お友達と話し合ったり共有することは大いに推奨します.もちろん,遠隔でです.

以上です.詳細は概要とスケジュールのファイルを参照してください.技術演習の方は実際に演習することができませんが看護過程の展開技術や看護技術に必要な知識や手順を習得することはできます.これもまた重要なことであります.ぜひ実習時に活用できるように取り組んでくださいね.

河原畑

このコースは4年次科目、専門ゼミナールⅠとⅡです。

地域看護学ゼミの中の川野が担当している学生のみ参加可能です。

シラバスをご覧下さい

実習概要はシラバスおよび、実習要項をご覧下さい

総合実習の在宅コースです

【到達目標】 障害および精神障害、心の健康づくり、難病の公衆衛生看護活動を理解する。

【授業概要】 健康課題別の保健福祉サービスの諸制度とその中で機能する公衆衛生看護活動、健康問題を持ちながら地域で生活する人たちのQOLを高める援助、制度の中で果たしている看護の役割を学ぶ。この授業の最後には、健康課題別の地区活動を考える演習を通し、障害および難病を持ちながら地域で生活している人と家族に対する公衆衛生看護活動についての学びを深める。

【対象】3学年 前期 必修    *授業資料は、時間割の進行に伴い、順次加えていきます。

【到達目標】 1.公衆衛生看護活動の展開における地域診断の概念、方法を理解する。 2.公衆衛生看護活動の展開における地区活動の概念、方法を理解する。 3.地域を構成する個人・家族への公衆衛生看護技術を理解する。

【授業概要】 地域看護学概論、公衆衛生看護学概論で学んだ内容を基礎として、地域を構成する人々が 主体的に問題を解決できるよう、地域特性をふまえた支援方法と公衆衛生看護技術について理解できるよ うに構成する。地域集団を対象に展開する地域診断、地区活動の方法及び、地域で生活する個人・家族を 対象とした個別援助の方法と技術について、大学周辺地域の事例を用いた演習を通して学ぶ。

【対象】2学年 前期 必修    *授業資料は、時間割の進行に伴い、順次加えていきます。

【実習目的】生活の営みの中で人々の健康生活を支える看護の特質を理解し、地域で生活する個人や家族、集団の健康とQOLの向上に向けた援助を実践する基礎的能力を養う。


【対象】

 4学年 前期 保健師課程


【実習目的】 住民とともに地域で生活する人々の健康課題を明らかにし、健康課題を解決するための方法・技術を修得する。

実習目標】 1) 地域の特性、地区で生活する住民の生活と健康の実態、地区の強みを理解する。2) 地区の健康課題、強み、解決策(自助・互助・共助・公助)を考えることができる。3) PDCAサイクルに基づく保健活動が理解できる。

【対象】4学年(11名) 前期 必修


小野幸子交流センター長のご挨拶動画です。

どなたでも、閲覧いただけます。ぜひご覧ください。

医療や介護現場で働く看護・介護職は、さまざまな感染症に曝露する危険があります。感染経路を遮断し拡大を防ぐためには確実に予防策を実施する必要があります。
今回の講座では、感染対策の基本を改めて学び、 実践の場で適切な対応ができるよう具体的な予防策を紹介して頂きます。対象者を守り、看護・介護職  自身も感染から身を守るために、日常の感染対策を 見直す機会としてみませんか?

どこカレ公開講座 看護現場に活かす 

患者の急変時に必要とされる意識・呼吸・循環のフィジカルアセスメントの

知識と、患者の状態に応じた観察とアセスメントをどのようにすればよいか学びます。

講師 新潟県立中央病院 救急認定看護師 涌井幸恵氏

                 集中ケア認定看護師 松井ルミ子氏

公開講座を受講された皆さまから希望のありました『ケーススタディのまとめ方』を,本学教員小林綾子講師,さらに新潟県立中央病院看護師小山洋恵さんにご協力いただき動画教材を作成しました.

制作:看護職支援部門

皆さんは、仕事をしていて「もやもや」を感じることはありませんか?看護倫理と聞くと、めんどうくさいな・・・。むずかしそうだな・・・。答えがないことを話し合ってどうするの・・・?そんなふうに思われるかもしれません。この講座で少しでも「もやもや」を和らげ看護倫理に興味を持っていただけたらうれしいです。

『ケーススタディのまとめ方』 講義を全編まとめてまたは項目ごとご覧いただけます.

講義で使用したPower Point資料です.
どうぞご活用ください.

『呼吸のフィジカルアセスメント』の講義の模様を一部動画配信しています.講座にご参加いただいた受講生の皆さまは復習にご活用ください.また,今回ご参加の機会のなかったメイトの皆さまもどうぞ学習にお役立てください.

※ ここから先の視聴はメイト登録が必要となります.
http://www.nirin.jp/rcms/files/course-body/doc/pdf0051.pdf
ぜひメイト登録し,一緒に学習しましょう!

講師 北里大学 基礎看護学 飯田智恵 先生

映像資料

呼吸のフィジカルアセスメント導入

         撮影日:2017年5月27日(土)

地域医療・包括ケアの未来を拓く多職種連携in上越

住み慣れた地域での生活を支えるためには、継続的な医療・介護にまたがる様々な支援の包括的提供が必要です。そのような支援は医師、歯科医師、薬剤師、訪問看護師や介護支援専門員(ケアマネージャー)など医療と介護に関係する職種が連携することが重要です。在宅医療に関係する様々な機関や団体の職種の方々が、地域の在宅医療における課題を共有するための会議を開催しました.

2015年3月8日(土) 上越市市民プラザ

http://www.pref.niigata.lg.jp/jouetsu_kenkou/1356782217800.html からの引用

近年、高度実践看護師の養成に関して、いわゆる“特定看護師”の養成とその能力認証評価を巡り、国レベルで様々検討されてきています。この様な動きを踏ま えて、高度実践看護師の養成教育の動向を紹介するとともに、今後の高度実践看護師の養成、育成のあり方を検討するシンポジウムを開催します。

小泉 美佐子 先生 (新潟県立看護大学大学院 老年看護学 教授)

星野 めぐみ 先生 (新潟労災病院がん看護CNS)

近藤 壽美子 先生 (新潟県立がんセンター新潟病院 看護部長)

齋田 綾子 先生 (公立七日市病院 老人看護CNS)

室岡 真樹 先生 (新潟県立看護大学大学院生 地域看護CNSコース)

医療をめぐる変化と看護の動向について歴史的背景を踏まえながら解説します.

講師: 新潟県立中央病院 看護部長 武田 みゆき様

平成19年4月第5次改正医療法では、各施設での院内感染対策の体制確保が義務化されている。
感染症に関する最近のトピックスでも、新型インフルエンザ、麻疹、O-157、百日咳集団感染、採血器具の不適切な使用などが報道されており、感染に関する情報に常に敏感でいることは医療者にとっては大変重要である。
大久保先生には感染管理の基礎をはじめ、新興感染症をはじめ最新の感染管理の動向まで分かりやすく講義していただく。

大久保 憲 先生 (東京医療保健大学 大学院 感染制御学 教授)

「一人前の看護師が、自分のやりたい看護を実践するためには、それを示してくれるモデルが必要であり、このことは従来より示唆されてきた。 しかし、行動の模範は、「知」を獲得するためには不十分であり、そこには理論的な説明が必要である。
ここでいう「知」とは、ポラニーや中村のいう「暗黙知」や「臨床の知」を含む知識のことであり、行為することを含んでいる。(中略)
さらに臨床の場で用いられる「知」は、臨床で体験を積めば誰にでも身につくものではなく、知識を獲得する過程には看護という仕事や、病む人へのコミットメントがなければならない。...」(「看護師の臨床の知」より抜粋)
佐藤先生の講演を聞きながら、看護師が経験を積む意味を一緒に考えてみませんか。

 佐藤 紀子 先生 (東京女子医科大学 看護学部 教授)

産褥期の看護

2016学長特別講義 シリーズ 地球の謎解きと、生命の歴史(1)

ロマンあふれる4回シリーズの講義です。

私達の宇宙の誕生から今日までの137億年の歴史をのぞいて、地球46億年の歴史の中で「ヒト」の出現する可能性をつくった地球を知る楽しさを感じられます。

講師 新潟県立看護大学 学長 渡邉 隆 先生

2016学長特別講義 シリーズ 地球の謎解きと、生命の歴史(2)

講師 新潟県立看護大学 学長 渡邉 隆 先生

2016学長特別講義 シリーズ 地球の謎解きと、生命の歴史(3)

講師 新潟県立看護大学 学長 渡邉 隆 先生


2016学長特別講義 シリーズ 地球の謎解きと、生命の歴史(4)

講師 新潟県立看護大学 学長 渡邉 隆 先生


講師の田村先生は、がん看護専門看護師の先駆者であり、日本のホスピスケアの草分けといわれる淀川キリスト教病院・がん診療センター主任看護課長を務めています。その仕事ぶりについては、NHK「プロフェッショナル・仕事の流儀」で紹介され、また、民放テレビドラマ「奇跡のホスピス」のモデルにもなりました。今回、限られた「いのち」に向き合う看護のあり様について、ホスピスケアで最も大切とされる「心の痛みを癒す」スピリチュアルケアについて講演頂きます。

田村 恵子 先生 (淀川キリスト教病院 がん診療センター主任看護課長)

臨床医として日々高齢者や認知症の人々の診療にかかわるなか、倫理の視点を探求しておられる箕岡真子先生から「わかりやすい倫理」と題し、お話しいただきます。
医療・介護現場においては倫理的問題が生じやすく、関係者間の意見不一致などによる“争い”に発展する事まであります。日常業務の中に潜む倫理的な問題に気づき、そのジレンマを解決する方略について学びます。

箕岡 真子 先生(箕岡病院内科医師 東京大学大学院医学系研究科 医療倫理学分野客員研究員)

コミュニケーションに対する能力を重視した教 育が始まっています。その代表としてOSCE (オスキーと読みます・客観的臨床能力試験)と いう医学部歯学部4~5年学年向けの試験が全国 で導入され、また、看護を含めた医療職全体でも 患者さんとのコミュニケーションを改善するため の演習が増えています。

その練習の相手をつとめる患者役が模擬患者 (Simulated Patient )SP)です。 このSPで活躍されているのが,東京SP研究会代表 佐伯晴子先生です。佐伯先生から概念の講義の 他、実習を行い「患者の立場から見た医療者の言 葉の使い方」を習得します。 受講希望については、看護職の方を優先します が、医療福祉関係者からの参加も歓迎します。

講師 東京SP研究会 佐伯 晴子先生


看護は感情労働であるといわれます。身体への診療的関わり以上に患者さんの感覚や感情、痛みや悩みに寄り添い、全人格的にケアすることが求められます。患者さんの心の裡に潜む苦痛やもどかしさを感じ取り、共感的・同行的に働きかけるコミュニケーションが肝要となります。本講座は、繁忙な業務に追われる看護者のための、現場で使える「対人コミュニケーション」の知識や技術を実地体験的に学ぶ機会となることを目指しています。



講師 内藤 哲雄先生

 信州大学人文学部 教授

人と人とが関わり合う場面で、相手の本当の思いをどのように理解することができるでしょうか。
ケアリングについて学習し、日常的なやりとりの中で、あるいは専門的な関わりの中で起きている”ケア”という現象を考えます。
そこから、自分自身のコミュニケーションパターンを振り返り、関係性を深めるために効果的に用いるコミュニケーション方法を演習します。

粟生田 友子 先生 (新潟県立看護大学)

【どなたでも視聴可】

平成27年5月30日(土)13:30~15:50
株式会社トウリュウ開発代表取締役 興座 卓 先生

長年、国際協力の仕事に民間企業として関わってきた経験をふまえ、
開発途上国の医療の現状、日本と開発途上国との環境の違い、
国際協力の活動内容や意義をご紹介いただきます。
また、国際協力に参加したい方、長期間は難しくても少しでも携わって
見たいと思う方が参加できる国際協力についてもお話しいただきます。

いつ起こるかわからない災害、その備えは、平常時の今、できる限り整え ておきたいものです。多くの看護職者が日頃の業務に追われながらも、“いざという時 の備え”を気にかけながら過ごしているかと思います 。今回は、中越地震、中越沖地震で被災され、力強く復興を成し遂げた災害看護経験者の方々を講師に迎え、シンポジウム形式で講演を行います。貴重な体験談 から災害への「備え」のための多くのヒントを得ていただけると思います 。

【パネリスト】
佐藤 和美 先生(元小千谷総合病院看護部長)
岡田 美香 先生(柏崎総合医療センター救急看護認定看護師)
長谷川 誠一 先生 (社会福祉法人十日町福祉会ケアセンター 三好園 しんざ常務理事)
【コーディネーター】
山田 正実 先生(新潟県立看護大学 講師)

排尿障害のアセスメントとケアについて、ポイントを整理しましょう.
講師は、聖路加国際病院 看護部の田中純子さんです.

PEG増設患者のQOLにおいては、増設時からのケアが重要となる。
PEGを中心とする経管栄養をめぐる手技、トラブル時の対応法など、また最近の経管栄養剤の種類と使い方に関する最新情報を提供する。
1.経管栄養法の種類
2.PEGについて
3.PEGケアの実践
4.栄養剤の最新情報
PEGをめぐるトラブル時の対応・在宅管理を視野に入れた管理と指導

奇跡の薬と言われているインスリンの発見から70余年。
最新の最新の糖尿病ケアについて看護師と糖尿病療養指導士の立場から解説します。

口腔ケアの必要性については、誤嚥性肺炎の予防や、口腔ケアそのものが知覚神経を刺激して結果として摂食・嚥下訓練としての効果をもたらすなど、様々なメリットがあげられます。
今回は「食」に関連した有効な口腔ケアの方法など、最新の口腔ケアのシステムについてお話しいただきました。

講師 柿木 保明 先生 (九州歯科大学)

聖路加看護大学 老年看護学 准教授 梶井文子 先生

フィジカルアセスメントの基本技術には問診・視診・触診・打診・聴診があります。中でも重要なのは問診ですが、これを効果的に行うにはコミュニケーション能力が必要です。
今回、「仲間とみがく 看護のコミュニケーションセンス」(医歯薬出版)の著者・大下静香先生をお招きして、コミュニケーションをたかめるための効果的な方法(コツ・ツボ)について分かりやすくお話ししていただきます。

大下 静香 先生(日本保健医療大学 看護学科長)

呼吸循環の生理とアセスメント
呼吸器の機能
呼吸障害の特徴
心不全
呼吸機能のアセスメントのポイント
胸部のフィジカルアセスメント
呼吸音の評価

飯田 智恵 先生 (新潟県立看護大学)

早津 邦広 先生(はやつクリニック内科呼吸器科 院長)

医師 中野 正春 先生(本学教授)

桑田 美代子 先生(医療法人社団慶成会 青海慶友病院 看護介護開発室長
老人看護専門看護師)

神経内科として多くの認知症の人をはじめとして多くの人にかかわられ、その経験、そして独特の目線と語り口から、認知症の人への関わりとしての提案をしていただきます。診断から日常のケアまでを網羅する一日研修です。 内科認定医、神経内科専門医・指導医。広島大学医学部大学院卒業。 広島大学、国立病院機構広島西医療センター認知機能疾患科医長などを経て、現職。 公益社団法人認知症の人と家族の会理事・国際交流専門委員会委員長、本人・若年専門委員 日本認知症ケア学会委員会委員

看護研究のための統計解析入門SPSS・EXCELの紹介(資料のみ)

第31回医療情報学連合大会(鹿児島大会)
3-C-2 チュートリアル
統計実践からの情報の創造 座長(オーガナイザー): 中村 洋一
セクション3 統計的推論における直感的なp値の活用 担当 橋本

看護研究のためのEXCEL統計解析入門 2015

2014-09-27  院内マニュアル作成入門

2014-9-27 インターネット検索技術入門

2014-09-26看護研究のための統計処理入門

看護研究のため統計解析入門 2013

見易く使いやすい院内マニュアル作成入門 2013

インターネット検索技術入門 2013

2012 院内マニュアル作成入門

2012 看護情報処理セミナーでは,PCの操作から情報検索,文書作成,表計算,メールの扱いなどを行います.

わかる発表 、ためになる発表

魅力ある,そしてためになる院内の研究発表をテーマとして、パソコン活用た 院内の研究発表をテーマとして、パソコン活用た 院内の研究発表をテーマとして、パソコン活用た 発表をより効果的に行うこと目学習できるにはどうしたらよいでしょうか?

2011 看護情報処理セミナー

*日常生活の中で利用する看護情報をより効果的に処理することを目的として、習熟の程度に応じて学習できるようにプログラムしました。事前の学習は不要です。また、レベルは初級から中級を想定していますが、初心者の方も大歓迎です。

2010 看護情報処理セミナー

*日常生活の中で利用する看護情報をより効果的に処理することを目的として、習熟の程度に応じて学習できるようにプログラムしました。事前の学習は不要です。また、レベルは初級から中級を想定していますが、初心者の方も大歓迎です。

大きさ約 4.69 MB 画面サイズ 320×240 ADSLなどでご利用ください。

臨床病理学(低解像度版) 疾病を持つ人間を全人的にみつめ、人体の構造機能から学んだ生命維持と日常生活行動が病的状態に至る基本的過程を理解し、環境や生活のなかで形成された個人的対処行動や医療的対処行動についての基礎知識を学習し、回復を促進させる看護の専門性を獲得することを目的としています。

大きさ約 4.69 MB 画面サイズ 320×240 ADSLなどでご利用ください。

臨床病理学(低解像度版) 疾病を持つ人間を全人的にみつめ、人体の構造機能から学んだ生命維持と日常生活行動が病的状態に至る基本的過程を理解し、環境や生活のなかで形成された個人的対処行動や医療的対処行動についての基礎知識を学習し、回復を促進させる看護の専門性を獲得することを目的としています。

大きさ約 84.1MB 画面サイズ 640×480

臨床病理学(PC用) 疾病を持つ人間を全人的にみつめ、人体の構造機能から学んだ生命維持と日常生活行動が病的状態に至る基本的過程を理解し、環境や生活のなかで形成された個人的対処行動や医療的対処行動についての基礎知識を学習し、回復を促進させる看護の専門性を獲得することを目的としています。

大きさ約 84.1MB 画面サイズ 640×480

臨床病理学(PC用) 疾病を持つ人間を全人的にみつめ、人体の構造機能から学んだ生命維持と日常生活行動が病的状態に至る基本的過程を理解し、環境や生活のなかで形成された個人的対処行動や医療的対処行動についての基礎知識を学習し、回復を促進させる看護の専門性を獲得することを目的としています。

臨床病理学(携帯電話用) 疾病を持つ人間を全人的にみつめ、人体の構造機能から学んだ生命維持と日常生活行動が病的状態に至る基本的過程を理解し、環境や生活のなかで形成された個人的対処行動や医療的対処行動についての基礎知識を学習し、回復を促進させる看護の専門性を獲得することを目的としています。

音声のみとなっています.動画はありません.

臨床病理学(携帯電話用) 疾病を持つ人間を全人的にみつめ、人体の構造機能から学んだ生命維持と日常生活行動が病的状態に至る基本的過程を理解し、環境や生活のなかで形成された個人的対処行動や医療的対処行動についての基礎知識を学習し、回復を促進させる看護の専門性を獲得することを目的としています。

音声のみとなっています.動画はありません.

疾病を持つ人間を全人的にみつめ、人体の構造機能から学んだ生命維持と日常生活行動が病的状態に至る基本的過程を理解し、環境や生活のなかで形成された個人的対処行動や医療的対処行動についての基礎知識を学習し、回復を促進させる看護の専門性を獲得することを目的としています。

すべてのメディアを含む大きなファイルです.

生体を構成する物質とそれらの代謝、遺伝情報とその発現機構を講義する。糖尿病などの疾病理解は生体の物質代謝、遺伝子理解が基礎であること、また臨床で利用されている生化学検査の種類や注意事項、さらに検査データの判読法を随所にまじえて講義する。

簡易エネルギー代謝測定器「メタヴァイン」の学習会です。

医療情報システム -EMRからEHRへ-
患者として医療者とどうつきあうか
- 33年間の透析患者としての体験から -
日 時 : 2009年12月17日(木)18:00~19:00
講演 18:00~/交流会 18:30~
場 所 : 新潟県立看護大学 第2ホール
新潟県立看護大学 教授 杉田 収(すぎた おさむ)

2009/10/19 18:00-19:00 場所 新潟県立看護大学 第2ホール
本学教授 北川公子


最新の眼科治療の世界を紹介します.
9 月28 日(月)18 時30 分~19 時30 分 講師 石田眼科院長 石田 誠夫 氏

講 師:笹川 眞人まこと 氏
大学前クリニック 笹川医院 院長
日本泌尿器科学会専門医
日 時 : 2009年11月25日(水)18:00~19:00
場 所 : 新潟県立看護大学 第2ホール