サイトニュース

お知らせ

・どなたでも見ることのできる科目は人型のマーク だけがついた科目だけです。

全ての科目をご覧になりたい方は書面での登録が必要です。
お申込についてのお問い合わせは「どこでもカレッジ」プロジェクトのホームページ(http://www.nirin.jp)をご覧下さい。

サイトニュース をスキップする

サイトニュース

(新しいニュースはありません)

コースカテゴリ をスキップする

コース一覧 をスキップする

コース一覧

シリーズ 地球の謎解きと、生命の歴史

私達の地球の誕生から今日までの137億年の歴史をのぞいて、地球46億年の歴史の中で「ヒト」の出現する可能性をつくった地球を知る、全4回の講義の第2回目です。

講師 新潟県立看護大学 学長 渡邊 隆 先生

シリーズ 地球の謎解きと、生命の歴史

私達の地球の誕生から今日までの137億年の歴史をのぞいて、地球46億年の歴史の中で「ヒト」の出現する可能性をつくった地球を知る、全4回の講義の第1回目です。

講師 新潟県立看護大学学長 渡邊 隆 先生

平成27年5月30日(土)13:30~15:50
株式会社トウリュウ開発代表取締役 興座 卓 先生

長年、国際協力の仕事に民間企業として関わってきた経験をふまえ、
開発途上国の医療の現状、日本と開発途上国との環境の違い、
国際協力の活動内容や意義をご紹介いただきます。
また、国際協力に参加したい方、長期間は難しくても少しでも携わって
見たいと思う方が参加できる国際協力についてもお話しいただきます。

講師の田村先生は、がん看護専門看護師の先駆者であり、日本のホスピスケアの草分けといわれる淀川キリスト教病院・がん診療センター主任看護課長を務めています。その仕事ぶりについては、NHK「プロフェッショナル・仕事の流儀」で紹介され、また、民放テレビドラマ「奇跡のホスピス」のモデルにもなりました。今回、限られた「いのち」に向き合う看護のあり様について、ホスピスケアで最も大切とされる「心の痛みを癒す」スピリチュアルケアについて講演頂きます。

田村 恵子 先生 (淀川キリスト教病院 がん診療センター主任看護課長)

臨床医として日々高齢者や認知症の人々の診療にかかわるなか、倫理の視点を探求しておられる箕岡真子先生から「わかりやすい倫理」と題し、お話しいただきます。
医療・介護現場においては倫理的問題が生じやすく、関係者間の意見不一致などによる“争い”に発展する事まであります。日常業務の中に潜む倫理的な問題に気づき、そのジレンマを解決する方略について学びます。

箕岡 真子 先生(箕岡病院内科医師 東京大学大学院医学系研究科 医療倫理学分野客員研究員)

コミュニケーションに対する能力を重視した教 育が始まっています。その代表としてOSCE (オスキーと読みます・客観的臨床能力試験)と いう医学部歯学部4~5年学年向けの試験が全国 で導入され、また、看護を含めた医療職全体でも 患者さんとのコミュニケーションを改善するため の演習が増えています。

その練習の相手をつとめる患者役が模擬患者 (Simulated Patient )SP)です。 このSPで活躍されているのが,東京SP研究会代表 佐伯晴子先生です。佐伯先生から概念の講義の 他、実習を行い「患者の立場から見た医療者の言 葉の使い方」を習得します。 受講希望については、看護職の方を優先します が、医療福祉関係者からの参加も歓迎します。

講師 東京SP研究会 佐伯 晴子先生


看護は感情労働であるといわれます。身体への診療的関わり以上に患者さんの感覚や感情、痛みや悩みに寄り添い、全人格的にケアすることが求められます。患者さんの心の裡に潜む苦痛やもどかしさを感じ取り、共感的・同行的に働きかけるコミュニケーションが肝要となります。本講座は、繁忙な業務に追われる看護者のための、現場で使える「対人コミュニケーション」の知識や技術を実地体験的に学ぶ機会となることを目指しています。



講師 内藤 哲雄先生

 信州大学人文学部 教授

人と人とが関わり合う場面で、相手の本当の思いをどのように理解することができるでしょうか。
ケアリングについて学習し、日常的なやりとりの中で、あるいは専門的な関わりの中で起きている”ケア”という現象を考えます。
そこから、自分自身のコミュニケーションパターンを振り返り、関係性を深めるために効果的に用いるコミュニケーション方法を演習します。

粟生田 友子 先生 (新潟県立看護大学)

地域医療・包括ケアの未来を拓く多職種連携in上越

住み慣れた地域での生活を支えるためには、継続的な医療・介護にまたがる様々な支援の包括的提供が必要です。そのような支援は医師、歯科医師、薬剤師、訪問看護師や介護支援専門員(ケアマネージャー)など医療と介護に関係する職種が連携することが重要です。在宅医療に関係する様々な機関や団体の職種の方々が、地域の在宅医療における課題を共有するための会議を開催しました.

2015年3月8日(土) 上越市市民プラザ

http://www.pref.niigata.lg.jp/jouetsu_kenkou/1356782217800.html からの引用

近年、高度実践看護師の養成に関して、いわゆる“特定看護師”の養成とその能力認証評価を巡り、国レベルで様々検討されてきています。この様な動きを踏ま えて、高度実践看護師の養成教育の動向を紹介するとともに、今後の高度実践看護師の養成、育成のあり方を検討するシンポジウムを開催します。

小泉 美佐子 先生 (新潟県立看護大学大学院 老年看護学 教授)

星野 めぐみ 先生 (新潟労災病院がん看護CNS)

近藤 壽美子 先生 (新潟県立がんセンター新潟病院 看護部長)

齋田 綾子 先生 (公立七日市病院 老人看護CNS)

室岡 真樹 先生 (新潟県立看護大学大学院生 地域看護CNSコース)

いつ起こるかわからない災害、その備えは、平常時の今、できる限り整え ておきたいものです。多くの看護職者が日頃の業務に追われながらも、“いざという時 の備え”を気にかけながら過ごしているかと思います 。今回は、中越地震、中越沖地震で被災され、力強く復興を成し遂げた災害看護経験者の方々を講師に迎え、シンポジウム形式で講演を行います。貴重な体験談 から災害への「備え」のための多くのヒントを得ていただけると思います 。

【パネリスト】
佐藤 和美 先生(元小千谷総合病院看護部長)
岡田 美香 先生(柏崎総合医療センター救急看護認定看護師)
長谷川 誠一 先生 (社会福祉法人十日町福祉会ケアセンター 三好園 しんざ常務理事)
【コーディネーター】
山田 正実 先生(新潟県立看護大学 講師)

医療をめぐる変化と看護の動向について歴史的背景を踏まえながら解説します.

講師: 新潟県立中央病院 看護部長 武田 みゆき様

平成19年4月第5次改正医療法では、各施設での院内感染対策の体制確保が義務化されている。
感染症に関する最近のトピックスでも、新型インフルエンザ、麻疹、O-157、百日咳集団感染、採血器具の不適切な使用などが報道されており、感染に関する情報に常に敏感でいることは医療者にとっては大変重要である。
大久保先生には感染管理の基礎をはじめ、新興感染症をはじめ最新の感染管理の動向まで分かりやすく講義していただく。

大久保 憲 先生 (東京医療保健大学 大学院 感染制御学 教授)

「一人前の看護師が、自分のやりたい看護を実践するためには、それを示してくれるモデルが必要であり、このことは従来より示唆されてきた。 しかし、行動の模範は、「知」を獲得するためには不十分であり、そこには理論的な説明が必要である。
ここでいう「知」とは、ポラニーや中村のいう「暗黙知」や「臨床の知」を含む知識のことであり、行為することを含んでいる。(中略)
さらに臨床の場で用いられる「知」は、臨床で体験を積めば誰にでも身につくものではなく、知識を獲得する過程には看護という仕事や、病む人へのコミットメントがなければならない。...」(「看護師の臨床の知」より抜粋)
佐藤先生の講演を聞きながら、看護師が経験を積む意味を一緒に考えてみませんか。

 佐藤 紀子 先生 (東京女子医科大学 看護学部 教授)

呼吸循環の生理とアセスメント
呼吸器の機能
呼吸障害の特徴
心不全
呼吸機能のアセスメントのポイント
胸部のフィジカルアセスメント
呼吸音の評価

飯田 智恵 先生 (新潟県立看護大学)

フィジカルアセスメントの基本技術には問診・視診・触診・打診・聴診があります。中でも重要なのは問診ですが、これを効果的に行うにはコミュニケーション能力が必要です。
今回、「仲間とみがく 看護のコミュニケーションセンス」(医歯薬出版)の著者・大下静香先生をお招きして、コミュニケーションをたかめるための効果的な方法(コツ・ツボ)について分かりやすくお話ししていただきます。

大下 静香 先生(日本保健医療大学 看護学科長)

排尿障害のアセスメントとケアについて、ポイントを整理しましょう.
講師は、聖路加国際病院 看護部の田中純子さんです.

PEG増設患者のQOLにおいては、増設時からのケアが重要となる。
PEGを中心とする経管栄養をめぐる手技、トラブル時の対応法など、また最近の経管栄養剤の種類と使い方に関する最新情報を提供する。
1.経管栄養法の種類
2.PEGについて
3.PEGケアの実践
4.栄養剤の最新情報
PEGをめぐるトラブル時の対応・在宅管理を視野に入れた管理と指導

奇跡の薬と言われているインスリンの発見から70余年。
最新の最新の糖尿病ケアについて看護師と糖尿病療養指導士の立場から解説します。

口腔ケアの必要性については、誤嚥性肺炎の予防や、口腔ケアそのものが知覚神経を刺激して結果として摂食・嚥下訓練としての効果をもたらすなど、様々なメリットがあげられます。
今回は「食」に関連した有効な口腔ケアの方法など、最新の口腔ケアのシステムについてお話しいただきました。

講師 柿木 保明 先生 (九州歯科大学)

聖路加看護大学 老年看護学 准教授 梶井文子 先生
神経内科として多くの認知症の人をはじめとして多くの人にかかわられ、その経験、そして独特の目線と語り口から、認知症の人への関わりとしての提案をしていただきます。診断から日常のケアまでを網羅する一日研修です。 内科認定医、神経内科専門医・指導医。広島大学医学部大学院卒業。 広島大学、国立病院機構広島西医療センター認知機能疾患科医長などを経て、現職。 公益社団法人認知症の人と家族の会理事・国際交流専門委員会委員長、本人・若年専門委員 日本認知症ケア学会委員会委員

医師 中野 正春 先生(本学教授)

早津 邦広 先生(はやつクリニック内科呼吸器科 院長)

桑田 美代子 先生(医療法人社団慶成会 青海慶友病院 看護介護開発室長
老人看護専門看護師)

看護研究のための統計解析入門SPSS・EXCELの紹介

第31回医療情報学連合大会(鹿児島大会)
3-C-2 チュートリアル
統計実践からの情報の創造 座長(オーガナイザー): 中村 洋一
セクション3 統計的推論における直感的なp値の活用 担当 橋本

看護研究のためのEXCEL統計解析入門 2015

2014-09-27  院内マニュアル作成入門

2014-9-27 インターネット検索技術入門

2014-09-26看護研究のための統計処理入門

看護研究のため統計解析入門 2013

見易く使いやすい院内マニュアル作成入門 2013

インターネット検索技術入門 2013

2012 院内マニュアル作成入門

2012 院内研究発表入門 

2012 看護情報処理セミナーでは,PCの操作から情報検索,文書作成,表計算,メールの扱いなどを行います.

わかる発表 、ためになる発表

魅力ある,そしてためになる院内の研究発表をテーマとして、パソコン活用た 院内の研究発表をテーマとして、パソコン活用た 院内の研究発表をテーマとして、パソコン活用た 発表をより効果的に行うこと目学習できるにはどうしたらよいでしょうか?

2011 看護情報処理セミナー

*日常生活の中で利用する看護情報をより効果的に処理することを目的として、習熟の程度に応じて学習できるようにプログラムしました。事前の学習は不要です。また、レベルは初級から中級を想定していますが、初心者の方も大歓迎です。

2010 看護情報処理セミナー

*日常生活の中で利用する看護情報をより効果的に処理することを目的として、習熟の程度に応じて学習できるようにプログラムしました。事前の学習は不要です。また、レベルは初級から中級を想定していますが、初心者の方も大歓迎です。

日常業務の中で利用する看護情報をより効率的に処理できることを目的として、習熟の程度に応じて学習できるようにプログラムしました。事前の学習は不要です。また、レベルは、初級から中級を想定していますが、初心者の方も大歓迎です。
日常業務の中で利用する看護情報をより効率的に処理できることを目的として、習熟の程度に応じて学習できるようにプログラムしました。事前の学習は不要です。また、レベルは、初級から中級を想定していますが、初心者の方も大歓迎です。

いまや助産師は、責務として正常妊産褥婦の健康診査の実施、正常から逸脱した場合の判断などの助産診断、正常出産の取扱いの推進などを自立して行うことを社会から求められています。今一度、助産診断・技術を事例を通して学び直してみませんか?「クリニカルレダ-レベルⅢ」認証申請にもお役に立つと思います。 
【講師】 髙島葉子 (新潟県立看護大学 准教授)
     髙塚 麻由 (新潟県立看護大学 助教)
     風間 みえ (新潟県立看護大学 助教)
  

赤ちゃんを支えている時間が長い沐浴では,男性の力が頼りになります.普段はできない体のチェックをお父さんもできるだけでなく,素早く短時間でできるのもアドバンテージです.男女で行う共同作業で,お互いの交流を深めましょう.
教材作成 助産学教授 中島通子先生

大きさ約 4.69 MB 画面サイズ 320×240 ADSLなどでご利用ください。

臨床病理学(低解像度版) 疾病を持つ人間を全人的にみつめ、人体の構造機能から学んだ生命維持と日常生活行動が病的状態に至る基本的過程を理解し、環境や生活のなかで形成された個人的対処行動や医療的対処行動についての基礎知識を学習し、回復を促進させる看護の専門性を獲得することを目的としています。

大きさ約 4.69 MB 画面サイズ 320×240 ADSLなどでご利用ください。

臨床病理学(低解像度版) 疾病を持つ人間を全人的にみつめ、人体の構造機能から学んだ生命維持と日常生活行動が病的状態に至る基本的過程を理解し、環境や生活のなかで形成された個人的対処行動や医療的対処行動についての基礎知識を学習し、回復を促進させる看護の専門性を獲得することを目的としています。

大きさ約 84.1MB 画面サイズ 640×480

臨床病理学(PC用) 疾病を持つ人間を全人的にみつめ、人体の構造機能から学んだ生命維持と日常生活行動が病的状態に至る基本的過程を理解し、環境や生活のなかで形成された個人的対処行動や医療的対処行動についての基礎知識を学習し、回復を促進させる看護の専門性を獲得することを目的としています。

大きさ約 84.1MB 画面サイズ 640×480

臨床病理学(PC用) 疾病を持つ人間を全人的にみつめ、人体の構造機能から学んだ生命維持と日常生活行動が病的状態に至る基本的過程を理解し、環境や生活のなかで形成された個人的対処行動や医療的対処行動についての基礎知識を学習し、回復を促進させる看護の専門性を獲得することを目的としています。

臨床病理学(携帯電話用) 疾病を持つ人間を全人的にみつめ、人体の構造機能から学んだ生命維持と日常生活行動が病的状態に至る基本的過程を理解し、環境や生活のなかで形成された個人的対処行動や医療的対処行動についての基礎知識を学習し、回復を促進させる看護の専門性を獲得することを目的としています。

音声のみとなっています.動画はありません.

臨床病理学(携帯電話用) 疾病を持つ人間を全人的にみつめ、人体の構造機能から学んだ生命維持と日常生活行動が病的状態に至る基本的過程を理解し、環境や生活のなかで形成された個人的対処行動や医療的対処行動についての基礎知識を学習し、回復を促進させる看護の専門性を獲得することを目的としています。

音声のみとなっています.動画はありません.

疾病を持つ人間を全人的にみつめ、人体の構造機能から学んだ生命維持と日常生活行動が病的状態に至る基本的過程を理解し、環境や生活のなかで形成された個人的対処行動や医療的対処行動についての基礎知識を学習し、回復を促進させる看護の専門性を獲得することを目的としています。

すべてのメディアを含む大きなファイルです.

生体を構成する物質とそれらの代謝、遺伝情報とその発現機構を講義する。糖尿病などの疾病理解は生体の物質代謝、遺伝子理解が基礎であること、また臨床で利用されている生化学検査の種類や注意事項、さらに検査データの判読法を随所にまじえて講義する。

簡易エネルギー代謝測定器「メタヴァイン」の学習会です。

医療情報システム -EMRからEHRへ-
患者として医療者とどうつきあうか
- 33年間の透析患者としての体験から -
日 時 : 2009年12月17日(木)18:00~19:00
講演 18:00~/交流会 18:30~
場 所 : 新潟県立看護大学 第2ホール
新潟県立看護大学 教授 杉田 収(すぎた おさむ)

2009/10/19 18:00-19:00 場所 新潟県立看護大学 第2ホール
本学教授 北川公子


最新の眼科治療の世界を紹介します.
9 月28 日(月)18 時30 分~19 時30 分 講師 石田眼科院長 石田 誠夫 氏

講 師:笹川 眞人まこと 氏
大学前クリニック 笹川医院 院長
日本泌尿器科学会専門医
日 時 : 2009年11月25日(水)18:00~19:00
場 所 : 新潟県立看護大学 第2ホール

平成24年度新潟県大学図書館協議会研修会

Sunrise, sunset,dawn and dark time for University Libary

橋本

リポジトリ構築記念

基礎看護技術で基礎的なバイタルサインの測定と観察を学びます。 バイタルサインとは人が生きていることを示す基本的な徴候・所見のことです。一般的には体温、脈拍,血圧,呼吸の4つです。
実践基礎看護学講座作成

基礎看護技術は臨床で必須の看護技術です. 第一歩としてベッドメーキング・リネン交換を学びます. 実践基礎看護講座作成

体位変換 移乗・移送は最もよく使用される技術です。しっかりと学びましょう。

実践基礎看護学講座作成

静脈血採血は基礎的な看護技術ですが, 駆血帯は、いつはずす?等正しい正しい手順を学びます。

実践基礎看護講座作成

学習目標は以下の2つです。

  • 注射を行うために必要な基礎的知識を理解する
  • 安全な注射の(筋肉注射,皮下注射,皮内注射)実施方法を習得する.

H28 年度 2年次前期科目です。

2016看護情報統計

『図書館のちからプロジェクト』では、学生のみなさんの学習をお手伝いします。

2015年度は、新入生歓迎イベントや上映会などを企画しています。

また、みなさんからの感想をもとに新しい企画を考えていきたいと考えています。

※こちらはどこでもカレッジプロジェクト科目ではありません※

上越地域の高齢者に対する栄養管理(「摂食・嚥下ケア」「栄養ケア」「口腔機能向上ケア」)を考える会です.

疫学入門 2012

保健統計学 (2014国試用)

2015 国試対策 保健統計

国試対策2010年度の橋本担当部分です.

平成24年2月16日に実施された第101回看護師国家試験http://www.mhlw.go.jp/topics/2012/04/tp0420-03.html

平成22年2月21日に実施された第99回看護師国家試験
平成21年2月22日(日)に実施した第98回看護師国家試験(作成中)
http://www.mhlw.go.jp/topics/2009/04/tp0422-3.html
平成20年(2008年)2月24日(日)実施の第97回看護師国家試験
以下の問題と解答を参考に作成しました。出典 第91回助産師国家試験、第94回保健師国家試験、第97回看護師国家試験の問題および解答について<(厚生労働省>

平成19年(2007年)2月 に実施された 第96回看護師国家試験です。
以下の問題と解答を参考に作成しました。

出典 第90回助産師国家試験、第91回保健師国家試験、第96回看護師国家試験の問題および解答について(厚生労働省 医政局 医事課 試験免許室 )

平成18年2月に実施された第95回看護師国家試験の問題
平成17年2月に実施された第94回看護師国家試験。
平成16年2月に実施された第93回看護師国家試験

平成24年2月16日(木)に実施した第95回助産師国家試験

平成21年2月19日(木)に実施した第92回助産師国家試験、

平成20年2月21日(木)に実施した第91回助産師国家試験.
厚生労働省:第91回助産師国家試験の問題と解答を参考にしました.

平成19年2月22日(木)に実施した第90回助産師国家試験.
厚生労働省:第90回助産師国家試験を参考にしました.

平成18年2月23日(木)に実施した第89回助産師国家試験.
厚生労働省:第89回助産師国家試験を参考にしました.

平成20年2月22日(金)に実施した第94回保健師国家試験.
厚生労働省:第94回保健師国家試験の問題と解答を参考にしました.

平成19年2月23日(金)に実施した第93回保健師国家試験.
厚生労働省:第93回保健師国家試験を参考にしました.

平成18年2月24日(金)に実施した第92回保健師国家試験.
厚生労働省:第92回保健師国家試験を参考にしました.

この授業では,身近な例を取り上げながら,ある保健行動が起こる背景にはどのような心理的なしくみがあるのか,また,どのような個人的・社会的条件がそろうと保健行動が起こりやすいのかについて,代表的な説明モデルを踏まえて考えていきます。
授業ではありません。情報に関する様々な質問と回答をまとめたものです。Q&A

基礎ゼミ10が9に変わり、とうとう8になっています。

基礎ゼミ 2016

基礎ゼミ2015

基礎ゼミ3 2014 

4月15日(火) 14:30  情報演習室(新棟=旧棟 廊下 2階)

基礎ゼミ3 2013

実際のPCを材料とし,情報処理技術をつかった論文作成,発表,文献検索を通して,文書の科学,通信の科学等の基礎を学びます。

基礎ゼミ2012は2012年度1年生の基礎ゼミコースの1つです.情報という別の立場からみた科学を考えてみましょう.驚くほど応用のきく見方です.

基礎ゼミ3 2011年度


情報処理技術を用いた 基礎研究論

情報処理技術を用いた関連する分野は,多岐多様である.これら技術の基礎と看護研究に必要な素養を取得する.また実際のPCを作成等の実験を通じて,実験報告書の書き方等も取得する
実際のPCを材料とし,情報処理技術をつかった論文作成,発表,文献検索を通して,文書の科学,通信の科学等の基礎を学びます。

実際のPCを実験材料とし,情報処理技術をつかった論文作成,発表,文献検索を通して,文書の科学,通信の科学等の基礎を学ぶ.

基礎ゼミナール2 社会調査法入門 2012


このゼミでは、いくつかある社会調査法のなかから、質問紙調査(アンケート調査)をとりあげ学びます。授業では,質問紙調査の方法について手を動かしながら具体的に学ぶ時間と,質問紙調査をとおしてなにができるのか・データにもとづいてじぶんの意見を発展させていくとはどういうことかについて,考えながら学ぶ時間の両方を設けます。 質問紙調査は,看護学はもとより,医学・疫学,人文・社会科学の諸分野で非常に多く用いられている研究方法です。学生のうちよりこの方法に親しむことによって,日常の観察から得られた着想を、説得力のある論考に発展させるための思考習慣をやしなうことができるでしょう。

保健統計学演習2016

保健統計学演習2015

保健統計学演習2014

保健統計演習 2013

量的研究を行うため卒業研究のためのSPSS-2009の解説

保健統計演習 2012

保健統計演習2012 特別授業(ゲスト)で入江慎治先生にきていだきました.

情報処理の具体的操作を中心に保健統計に必要な統合的な利用方法と原理の取得を目標とする.本科目では与えられたデータからどのように指標となる値を導き出し,結果としてデータを提供した対象(患者等)にどのような判断を下したらよいかを推測統計学的手法,パソコン実習を通じて行う.(教室は情報科学教室)

2011年度の保健統計演習

本科目では与えられたデータからどのように指標となる値を導き出し,結果としてデータを提供した対象(患者等)にどのような判断を下したらよいかを推測統計学的手法,統計パッケージを用いたパソコン実習を通じて行います。

保健統計学特別講義2011です。ゲストスピーカとして新潟厚生連 羽茂病院(佐渡)看護師の岡崎園美さんにお願いしています。

【到達目標】 情報処理の具体的操作を中心に統合的な利用方法等を学び,コンピュータを使用する際のストレスを少なくする.

【授業概要】 コンピュータの利用は様々な場面で必要不可欠なものになっている.
         そこで,大学生活において良いレポート・卒論を作成するための基礎概念をもとに具体的な操作を中心に学習する.

【到達目標】 「情報とは何か」を知り,その「活かし方」と「守り方」を理解する。
【授業概要】 「情報」と「コミュニケーション」の専門職である看護師にとって,ICTは必要不可欠なものである.
        「情報」と「コミュニケーション」を,いかに「看護」の実践や学問としての「看護学」にいかすのかを学ぶ.
        なお,授業後半は統計処理の土台となる知識・操作を習得し,3年次科目『保健統計演習』へとつなげる.

情報科学2013

 コンピュータとネットワークは様々な場面で必要不可欠なものになってきている.この基本概念と原理を学び,将来は看護学への応用をも視野にいれた授業展開を計画している.基礎概念,理論の学習とともに操作・演習などもあわせて行う.
大学教育及び看護実践で必須学習項目となった情報科学の基礎知識と実践的情報処理技術を学びます。

2011 情報科学

コンピュータとネットワークは様々な場面で必要不可欠なものになってきている.この基本概念と原理を学び,将来は看護学への応用をも視野にいれた授業展開を計画している.基礎概念,理論の学習とともに操作・演習などもあわせて行う.
大学教育及び看護実践で必須学習項目となった情報科学の基礎知識と実践的情報処理技術を学びます。

現代は情報化社会です.社会と専門的社会人として,必要とされる情報処理とその基盤である情報科学を学びます.
情報処理の基本概念と原理を学びます.

コンピュータとネットワークは様々な場面で必要不可欠なものになってきている.この基本概念と原理を学び,将来は看護学への応用をも視野にいれた授業展開を計画したい.基礎概念,理論の学習とともに操作・演習などもあわせて行う.

実験提示

このコースはロールの標準値を作成するための管理用のコースです。

 

Moodle講習会 橋本 2015.3.25 ここが表示されます。

大学院生対象の文献検索講習会を開催します